京都☆ゲストハウスマネージャーUの活動日記

京町家ゲストハウスやアパートメントホテルの運営を通じて感じたことや出来事を気ままに日記形式で書いていきます。

コロナウイルスの影響が凄い・・・

コロナウイルスの影響が凄いです。京都市内の宿泊施設でも予約が減ってしまったので、予約サイトに登録している料金では対応が出来ないから、急遽料金を下げて、対応してるとかバタバタしてたり、2月0組の施設もあったとか…。またキャンセルも多かったです。何か対策してほしいです。直前のキャンセルが一番きついです。これが何ヶ月続くのかを考えると非常に不安です。こんな時だからこそ何かできることがないかな?と思ったりもするんですけど…人を集めない、沢山の人がいるところに行かない。

 

コロナウイルスを予想してたわけでじゃないですが、観光業界色々な正解情勢とかに影響されやすいので、オリンピックとかで人が増えたりもしますし、今回のように突然の感染症の対策で予約がめっちゃ減って、慌てて値下げしたり…。元々、京都は、桜の時期や紅葉の時期で沢山の観光客が来たりする人気シーズンと梅雨の時期や真冬は観光客が少なかったりするので、そのONとOFFの時期にどうやってお客様からの予約を受け付けたら良いのか?時期によっても違うので、「同じ対応」というのが最初っから通用しないのが京都というエリアなので、日頃からどんな客足の状況にも柔軟に対応出来るように考えていました。どんな対応を考えてしてたのかは…企業機密です。コンサルというか相談業務というか、需要があれば受付させて頂きます。

②マスクとアルコール消毒の確保は非常に難しいので、ご用意することが困難ですが…、お客様の口コミやレビューを常にスタッフでチェックしています。その中にハンドソープが欲しいという意見が多かったので、ハンドソープを設置しました。コロナ対策ではなく、口コミ内容で注文を決めたので…在庫の品薄になる前に発注してたので、しばらくはハンドソープの在庫が切れることは、なさそうです。

③厳しい状況の中にも「光」ありで、地域の人が自分たちのお知り合いや親戚の人が泊まりに来るとか、近くの学校の受験関係でご利用になるとか、家のリフォーム工事中に2週間ほど泊まりたいみたいな方もいらっしゃったので、海外からのお客様が減って売上げ的には厳しいですが、地域の人に支えられてる感が日頃より感じやすくなってますので、非常に感謝する気持ちは強いです。

f:id:connections104:20191015215137j:plain
f:id:connections104:20190929213456j:plain

まさか1月下旬のコロナウイルスについてのニュースが代替的に放送されてから1ヶ月以上も長引くとは予想してませんでした。3月中に終息するかどうかもわかりません。誰も経験したことがないから、後手後手の対応になってしまってしまいます。今回の経験が今後に活かされるように願うばかりです不安な中も、泊まりに来て頂ける方がいることにまずは感謝致します。本当にありがとうございます。