京都☆ゲストハウスマネージャーUの活動日記

京町家ゲストハウスやアパートメントホテルの運営を通じて感じたことや出来事を気ままに日記形式で書いていきます。

京都市旅館業駆けつけ要員確保

年末のこの時期にドタバタでした。

京都市旅館業からは、新民泊ルールが4月1日~施行されるとのことなので、3月31日までに一番の問題の駆けつけ要員確保。。。小さい京町家で一棟貸し切りスタイルで住み込みことは出来ないので、必然的に施設外に駆けつけ要員を確保してその滞在場所を用意しないといけません。元々小さな施設で、売り上げ的にも余裕がありません。なので、その駆けつけスタッフの確保出来たとして、その人件費となると、大きな負担です。まあ困っているのは、近くのゲストハウス運営者も同じでした。どうしよう?どうしよう?と困って、考えて、走り回りました。

f:id:connections104:20191226220639j:plain

Airbnbからは、京都市とは別の動きを・・・1月7日までに駆けつけ要員スタッフの確保をというメールが、何故????京都市よりも短い締め切り日なんだ?と思いました。

そうしないと今後の予約をブロックするとか・・・

小さな施設をいじめているのか?と思ってしまいました。ただ諦めると廃業するしかありません。しかも12月に入ってからの通知で、年末年始は役所もお休み実質1ヶ月もなく、1週間2週間の勝負でした。必死にご近所のゲストハウス運営担当と相談しながら役所とオフィスの往復の毎日。何とか来年から駆けつけ要員確保できました。

駆けつけ要員1人に対して5施設までらしいです。あと2枠余っています。

京都市営地下鉄五条駅付近で京町家ゲストハウスを運営してて、駆けつけ要員確保できていない方、お気軽にご相談下さい。おそらく、料金的にも対応内容的にもしっかりしてたものをこの短期間でよくカタチに出来たと自分たちでは誇りに思ってます。

駆けつけ要員確保と書類作成などのコンサルっぽいことも、良心的なお値段で相談受付も考えてます。年内はもう間に合わないと思いますが・・・