京都☆ゲストハウスマネージャーUの活動日記

京町家ゲストハウスやアパートメントホテルの運営を通じて感じたことや出来事を気ままに日記形式で書いていきます。

☆ 京のゲストハウス ☆ ピンチ廃業急増 ★

1~2週間ぐらい前の新聞を読んでた時に、ほぼ100施設の京都のゲストハウスが廃業になったという記事がありました。

東京や大阪のように沢山の企業があるわけでもなく、滋賀県のように琵琶湖があって水が売れるわけではなく、寺院が多いのが京都です。観光都市として有名な街でありながら税収を沢山集めにくいのが京都です。そこで宿泊税を導入しました。しかし小さい宿泊施設はやっていけません。そして宿泊税以上に厳しいのが、人件費が小さい施設だと大変になってしまう駆けつけ要員ルール。防犯のプロのセコムよりも厳しい内容になってます。何故そういうことになってしまうのかとというと、京都市職員は、市政のプロであって、旅館業のプロではないから、現状の真面目にやっている宿泊施設のオーナーや管理者がどういう想いで、どれだけの資金を投入してきたのかをわからないまま進めてしまいます。また宿泊施設が1つでも多く残したら、宿泊税と消費税の2重取りできる税収も増やすことができます。税収を多く集めて、よりよい京都の街作りをして欲しいです。観光都市なのに、外国人受け入れ環境に関してはまだまだ発展途上です。なので急に増えたから住民も観光客も困っているみたいなことが起こってしまいます。

とりあえず、このまま小さな宿泊施設が潰れていくのは、非常に悲しいです。

 

何とか小さな施設同士協力し合って、生き残る道を探していきます。運営を諦め掛けている人がいるなら、お声かけ下さい。協力しあったり、運営コンサルで集客のお手伝い等致します。また後日コンサルというかお手伝い出来る内容をアップ致します。

f:id:connections104:20191128203840j:plain