京都☆ゲストハウスマネージャーUの活動日記

京町家ゲストハウスやアパートメントホテルの運営を通じて感じたことや出来事を気ままに日記形式で書いていきます。

京都 ホテルづくりの話 ~エピソード1~

京都市山科にあるアパートを改修して、アパートメントホテルを運営しています。昨年、そのうちの1部屋を、桜のコンセプトルームしようと考えました。

元々が、普通のアパートのワンルームなので、豪華な備品置いても違和感が・・・、でも100円均一の桜の飾りを置いてもチープになるし、ありきたりだし・・・と思ってました。とりあえず、お店で買わなければならないという発想を捨てました。

京町家ゲストハウスを運営をしているので、以前からGuest house connection用のインスタを作っていました。そのインスタで、『桜』をキーワードに探していたら、下記の『桜ルーム』に飾ったら、オシャレになりそうだと思った桜の絵を発見。ダメ元でお願いしてみたら、飾ってもいいとのことでした。

ちなみに協力して頂いたyurikaさんは、桜の妖精が、ふらっと遊びに来たくなるお部屋をイメージして、オリジナルの絵(右の写真)を描いて下さいました。思いのほか、お部屋にぴったりの絵になりました。

インスタ(SNS)でホテルに設置するデコレーションを手に入られるとは、考えもしなかったですが、運良く、ホテル作りへの想いに共感して頂けて、協力して頂けた人が見つかって嬉しかったです。ネットでの繋がりは無限大なので、その絵を描いて頂いた方は、京都ではなく、東京都在住の人でした。東京都で、京都のホテルに飾る絵をイメージして描くって・・・どうなんでしょうか?アーティストとしての感性が高かったら出来るんですね。私が素人ながら伝えたイメージをカタチにするって・・・。私なら自分が行ったことない場所に飾る絵を描くとか、無理なので・・・。アートの才能がある人はすごいと思った瞬間でした。いつかご自身が飾られた絵のある部屋で泊まって頂ければ幸いです。

f:id:connections104:20191005164054p:plain
f:id:connections104:20191005164047p:plain