京都☆ゲストハウスマネージャーUの活動日記

京町家ゲストハウスやアパートメントホテルの運営を通じて感じたことや出来事を気ままに日記形式で書いていきます。

京都 ホテルづくりの話 ~エピソード2~

コネクションズ運営の宿泊施設は、今現在、2タイプあります。

京町家タイプとアパートメントホテルタイプです。

どちらも、それぞれ特徴があります。京町家の方が昔ながらの古民家を改修したお宿なので、高級ホテルのような快適さはないかもしれませんが、『京都体験』『京都に暮らす』を実感できると思います。まるで、京都のおばあちゃんの家に帰ってきたような感覚になられる方もいらっしゃるかもしれません。ご近所さんの話し声、ご近所さんの夕飯を作る音など暮らしの音が聞こえてきます。

アパートタイプも京都に暮らすように泊まるという点では似ていますが、お部屋が元々普通のアパートなので、京都らしさは薄れます。その代わり、自分の部屋のような感覚に近くなると思います。

あとアパートメントホテルのお部屋の備品ですが、有名な大型家具店を2つほど行きました。ニ○リさんとか、IK○Aさんとか・・・、IK○Aさんは、京都に店舗がなくて、大阪まで行きました。ただ欧米系の家具なのでサイズがちょっと大きくて、日本の昭和の時に建てた狭いワンルームの部屋には少しテーブルなどは大き過ぎました。

なので、どうしようか?と思った時に、京都の大学で建築学部在籍の学生が、実践の場を探しているので、ゲストハウス等で何かお手伝いができませんか?と連絡してきてくれました。そしたらホテル作り一緒にしませんか?ということで、DIYでテーブルと椅子とディアウォール、食器棚、備品倉庫に使う棚etcを作ってもらうことにしました。ちょうど良いサイズの家具を探すより、部屋にあったサイズの家具を作ってもらう。今までにない発想でした。しかも若手人材育成にも貢献できる。(学生が社会に出るまでに実践の場を提供できる)一石二鳥以上の効果が・・・。下記の通り京町家タイプのゲストハウスでもアパートメントホテルでもリノベーションして、運営まで対応できるようになりました。勿論ゲストハウス用じゃなくても、ご自身が住んでいる家をちょっとだけリフォームとかのご相談にも応じることができます。運営から改修まで、色々経験したことにより、誰かのお役にも立てる可能性が出てきました。自分たちの『経験』が誰かの役に立つみたいなことになれば、一番幸せなことだと思います。

f:id:connections104:20191005165742j:plain

ちなみにインサイトハウスのブログでも紹介させて頂いてます。

地域への想いⅢ ~街を活性化させたい~ 『ゲストハウス運営、リフォーム力、集客力アップへの道』京都に新しい色をつくりたい。 - 社長と部長 ~ぶちょー目線で~

京都 ホテルづくりの話 ~エピソード1~

京都市山科にあるアパートを改修して、アパートメントホテルを運営しています。昨年、そのうちの1部屋を、桜のコンセプトルームしようと考えました。

元々が、普通のアパートのワンルームなので、豪華な備品置いても違和感が・・・、でも100円均一の桜の飾りを置いてもチープになるし、ありきたりだし・・・と思ってました。とりあえず、お店で買わなければならないという発想を捨てました。

京町家ゲストハウスを運営をしているので、以前からGuest house connection用のインスタを作っていました。そのインスタで、『桜』をキーワードに探していたら、下記の『桜ルーム』に飾ったら、オシャレになりそうだと思った桜の絵を発見。ダメ元でお願いしてみたら、飾ってもいいとのことでした。

ちなみに協力して頂いたyurikaさんは、桜の妖精が、ふらっと遊びに来たくなるお部屋をイメージして、オリジナルの絵(右の写真)を描いて下さいました。思いのほか、お部屋にぴったりの絵になりました。

インスタ(SNS)でホテルに設置するデコレーションを手に入られるとは、考えもしなかったですが、運良く、ホテル作りへの想いに共感して頂けて、協力して頂けた人が見つかって嬉しかったです。ネットでの繋がりは無限大なので、その絵を描いて頂いた方は、京都ではなく、東京都在住の人でした。東京都で、京都のホテルに飾る絵をイメージして描くって・・・どうなんでしょうか?アーティストとしての感性が高かったら出来るんですね。私が素人ながら伝えたイメージをカタチにするって・・・。私なら自分が行ったことない場所に飾る絵を描くとか、無理なので・・・。アートの才能がある人はすごいと思った瞬間でした。いつかご自身が飾られた絵のある部屋で泊まって頂ければ幸いです。

f:id:connections104:20191005164054p:plain
f:id:connections104:20191005164047p:plain

 

 

現在のオフィスもご紹介 ~ やましなの海編 ~

京都・山科で海を発見?(^○^)!!
「信じたいけど信じ切れない方へ、3年無換水海水池を無料見学できます」

Can you believe that you can see a sea in Yamashina Kyoto?
For everyone who cannot believe it, there is a sea water pond with 3 years water ventilator.

 

海の仕組みの詳細は、こちら

https://www.honumi-japan.com/

 

やましなの海は、地下鉄・椥辻駅下車 徒歩約5分にあります。綺麗なブルーの熱帯魚や、ウミガメが泳いでます。

ちなみにこれは当社の敷地内にあります。地域の人に楽しんで頂ければと思って作った『海』です。宿泊だけのことだけでなくて、たまに会社のこともお伝えしていきます。

youtu.be

f:id:connections104:20191002213942j:plain

よく、近所のお子さんも遊び来てたりしますよ。近くの小学校の先生も事前下見に来て、今度生徒を連れてきてもいいですか?という問い合わせがありました。

~京町家ゲストハウス等の宿泊施設運営中~

普段着の京都を楽しむ。京都で暮らすを叶える宿

いろんなホテルや旅館さんも勿論素敵ですが、Connectionでは、ホテルさんでは味わえない「生活感」、「京都で暮らす」感覚を皆様にご体験頂きたいという想いで京町家ゲストハウスを運営しています。(昨年からは、京都山科でアパートメントホテルの運営も始めました。)

豪華な調度品はございませんが、京都の町家だからこそ感じる歴史や木のぬくもりや息づかい、路地奥の家にむかう時のワクワク感、京野菜を市場で買って自分達で料理したり、ご近所どおしの挨拶の声や、聞こえてくるテレビの音や夕飯の匂いを感じたり。そんな、なんでもない「当たり前」の京都の時間を味おうてほしいです。

一軒家をまるまる貸切でご利用いただけます。京都にあるご自身の別荘をお使い頂くというような感覚でしょうか?

各施設の様子や日々の運営中に感じたことなど気ままに日記形式で書いていきますので、気軽に読んで頂けたら幸いです。

 

京都と京都にお越しになる皆様とを「つなぐ」お手伝い。
京都の地元の方々のお力をかりながら「観光地としての京都」とともに
「なんでもない、普通の京都時間」もあわせて楽しんでもろたらええなあとおもてます。どうぞよろしゅう おたのもうします♪

Kyoto Guest house Connection

◆ Connecting you with the pleasures of Kyoto.
◆ 我们希望你也能和我们一起分享京都日常生活的情趣/喜悦♪
◆ 普段着の京都を楽しむ。京都で暮らすを叶える宿。

http://www.kyoto-connection.com/

Guset house manager U

 

これは、運営しているゲストハウスコネクション烏丸五条をイメージして

yurikaさんに描いて頂いたイラストです。

f:id:connections104:20190929213505j:plain

浴衣姿の女の子が京町家ゲストハウスの前にいると京都っぽさが増しますね?